窓ガラスの結露が凍っている

ketsuro_kooru
私は元々比較的温暖な瀬戸内海地方の出身です。生まれも育ちも岡山県の海沿いの地域で、高校生のころまでずっとそこで暮らしていました。
大学は大阪府の学校に進んだため、生まれ故郷を離れた格好でしたが、行った先も同じ瀬戸内海に面したエリアでしたので、気候的な部分はさして違和感なく馴染むことが出来ました。

しかし、大学で出会った夫と結婚して住むことになった地方は、私がこれまであまり暮らしたことの無いような、とても厳しい気候条件の場所だったのです。
その地域は、東北地方の日本海側にある「秋田県」で、温かい地方出身の私は、まずこのエリアの文字通り体が凍えるような気候に慣れることから始めなければならなかったのです。

まず今住んでいるこの地域がどれだけ寒いかを、具体例で示して見ると、普通冬場でも凍ったりしない窓ガラスの結露が凍るのです。
そもそも、窓ガラスといっても二重になっている耐寒 仕様のものですし、それの室内側の結露が凍りつくのですから正直しゃれになりません。

私は初めてこの「凍りつく室内側の結露」を見た際、思わず「うそ・・・」とつぶやいてしまいました。夫曰くはこの辺りでは珍しくない現象らしいのですが、私は本当にびっくりしてしまいました。
この秋田で暮らし始めて、今は1年ほど経ちますが、未だにこの窓ガラスの結露が凍りつくような寒さには慣れることが出来ない、私なのでした。